ロート製薬の極潤・メラノcc・OXY(オキシー)・メンソレータムアクネス 薬用モイスチャー化粧水・メンソレータムアクネス 薬用パウダー化粧水などのドラッグストアの店舗に置いてあるプチプラ化粧水と通販サイトのみで販売しているニキビやニキビ跡のための化粧水の比較や相性を検証してみました!

ニキビが増える原因はなに?ニキビ肌の改善方法

2018/12/10

そもそもニキビはなぜできるのかを知っていますか?

「体質だから・・・」

「思春期にはできるものでしょ?」

「一時的なものだから大丈夫!」

こんな風に思っている人はニキビが増えていく事になってしまうかもしれません。

ニキビの原因をしっかりと理解し、状況に合わせて早めに対処することで、ニキビが増えるトラブルとニキビ跡やクレーター肌になってしまうのを予防できるかもしれません。

ニキビについて知ろう!

ニキビは、過剰に出てきた皮脂や硬化してしまった皮膚が毛穴をふさぐことで毛穴に炎症が起きてしまう皮膚疾患のひとつです。

よく「肌質が原因でニキビが出来る」と思われがちですが、ニキビは肌の状態だけではなく、年齢や季節、食事や睡眠などの生活習慣、女性であれば生理周期など、その原因は様々です。

また、ニキビは放っておくほど毛穴周りの皮膚組織にダメージを与えてしまうので色素沈着状のニキビ跡が出来てしまったり、クレーター状のニキビ跡になることもあります。

そのため、何が原因でニキビが増えるのか?

そしてニキビの様子を観察し、早めのケアを行うのが大切です。

ニキビの予防
ニキビあとのケア

原因その1:皮脂の過剰分泌と乾燥

思春期ニキビと呼ばれるものや脂性肌の人に多い原因のひとつです。

そもそもなぜオイリー肌になってしまうか?という疑問が出てくると思いますが、皮脂の分泌には肌の中の水分量に深く関係していることが多いです。

肌の保湿が十分に行われていないと肌が乾燥してしまい、肌本来の機能の皮脂の分泌を行うことで肌を守ろうとする働きが行われます。

よく「インナードライ」という言葉があるように、見た目や表面上は乾燥が分からない状態の肌もありますが、肌の内側が乾燥することでニキビを引き起こすこともあります。

脂性肌の人は特にベタベタしたテクスチャのスキンケアを嫌う傾向にあるので、「化粧水だけで済ませちゃおう」「男だから洗顔だけでいいや」と保湿ケアをおろそかにしてしまいがち。

洗顔をした後は化粧水で肌の内側の保湿を行い、乳液やクリームを重ね付けすることで肌の水分を外に逃がさないように保湿をキープしてあげることが大切です。

原因その2:季節の変わり目

肌は常に外気にさらされているため、外気の温度や湿度の変化に左右されます。

特に季節の変わり目には肌が敏感になる事があるので、毎日のケアで肌を観察し、肌の状態に合わせたスキンケアが必要です。

また、冬はあまり紫外線対策をする人が少ないと思います。

紫外線によって肌バリアが壊されダメージを受けた肌は思っているより肌が敏感です。

肌トラブルを起こし、肌荒れやニキビを起こす前に紫外線対策やケアをすることが大切です。

原因その3:年齢肌

年齢と共に肌の再生周期(ターンオーバー)がおそくなります。

洗顔をきちんと行い、古い角質をきちんと落とすことで皮膚の硬化を防ぎ、毛穴の表面を防ぐことで炎症が起こるのを防ぐことができます。

また、その後の保湿をきちんと行うことで肌のターンオーバーを正常にし、エイジングケアをして肌質改善をすることが大切です。

原因その4:生理周期

女性は生理の周期によるホルモンバランスの影響で肌の調子が変わることがあります。

特に生理の前や生理中は肌トラブルを起こしやすく、肌荒れや吹き出物、ニキビや肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

生理現象に近いため対策をすることはなかなか難しいですが、出来てしまったニキビのケアをきちんとすることで悪化を防ぎ、色素沈着になってしまうニキビ跡やクレーターを防ぐことができます。

まとめ

ニキビの原因を探り効果的なケアをすることでニキビ肌になりにくい肌やニキビが増えるのをある程度は防ぐことができます。

洗顔や保湿などの基本のケアをすることが一番大切です。

その時に、出来るだけ保湿効果が高い化粧水やニキビの炎症を抑えてくれる化粧水を選ぶことで相乗効果も期待できますよ!